2020
07.30

ソニーの試作電気自動車「VISION-S」自動運転のテストをやる

17.モータースポーツ

どうよ。

突然感を感じるけれど、これだけ作り込んでいるということは、かなり前から開発していたんだろうな。知らんかった。いくら素晴らしい車を開発しても、それ以外のファクターが必要なのでいきなりテスラの様には行かないだろうけれど、日本でやれば何かが起きるかもしれないな。少し期待。

ソニーは27日、東京都内で電気自動車(EV)の試作車「VISION―S」を報道機関に公開した。自社のセンサー技術や音響設備をアピールするために製作した4人乗りセダンで、一定の自動運転が可能。現時点で販売予定はないが、2020年度中に公道で走行実験を予定している。 スマートフォンなどに使われる画像センサーにおいて、ソニーのシェアは世界1位。試作車は計33個のセンサーを搭載しており、周囲の交通状況を把握して車線変更や駐車などの動きを自動で行う。曲線的な外観や内装はソニーのデザインチームが手掛けた。運転席の前から助手席の前につながる横長のモニターには、カーナビや前後左右を確認するカメラの映像を映し出すほか、休憩中には映画も楽しめる。

情報源: ソニー試作EV「VISION-S」公開 一定の自動運転、年度内に公道実験 – 毎日新聞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。