岡本行夫氏、容体急変で帰らぬ人に 正論メンバーで健筆 小説にもチャレンジ – 産経ニュース

知っている人が逝ってしまうのは、やはり悲しい。テレビでしか拝見したことはないけれど、優しい語り口だった記憶があります。他の芸能人の方といい、容態が急変するあたり、本当に気をつけなければなりません。簡単い陽性にならないようにすることが大切。悲しむ人も多いです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスは、日本を代表する論客の命まで奪った。4月下旬に74歳で死去していたことが判明した外交評論家の岡本行夫氏は、産経新聞の「正論」執筆メンバーとしても長年活躍してきた。関係者によると、入院後も最初の数日は仕事に取り組んでいたが容体が急変し、約1週間で帰らぬ人となったという。

情報源: 岡本行夫氏、容体急変で帰らぬ人に 正論メンバーで健筆 小説にもチャレンジ – 産経ニュース