中国が

COVIT-19での試写に関しての現段階でわかっていることを発表した。慌てないようにするための情報も含まれているので転載します。現在、死者は500人に迫ろうとしている。

死者の大半に基礎疾患

これは結構大切は話と思い、1番に持ってきた。中国での死者のうち感染する以前に糖尿病や高血圧などの基礎疾患のあった方が多いそうだ。そのパーセンテージは実に75%だそうだ。

死者の大半は60歳以上

500人近い死者の年齢層は36~89歳で、60歳未満は5人だそうな。つまり99%が60歳以上なのである。他にも以下の情報があるらしいが、この二つの情報からしっかりした対応を取れば死ぬことはないことがわかる。

とは言え、感染力は強いらしいので、インフルエンザ共々、気をつけましょう。そしてあくまでも冷静に対処することです。

中国国家衛生健康委員会(NHC)の4日の発表によると、これまでの死者の80%は60歳以上の高齢者で、75%には以前から糖尿病などの基礎疾患があった。 NHCが発表している致死率は2.1%で、2002~03年に世界的に流行し800人近くが死亡したSARSの約10%に比べるとかなり低い。 新型コロナウイルスによる患者の97%超は、流行の中心地とされている中国中部・湖北省の在住者。省都・武漢の市場では野生動物が売られていた。 新型コロナウイルスの感染による死亡例について分かっていることをまとめた。

情報源: 【解説】新型コロナウイルスの死者について分かっていること:時事ドットコム

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください