まだ、「新型コロナウイルスに対するワクチン開発を進めます」な状況

まだ、「新型コロナウイルスに対するワクチン開発を進めます」な状況

個人的には、

このこのコロナウィルスを水際で止めるのは難しいと思っている。空港で、発症している患者を医療技術で見つけ出し弾いたとしても、機内感染は免れず、その方々は発症前に入国してきてしまうわけだ。

それよりも大事なのは、発症した人に対しての「ワクチン」接種なわけだ。しかし、現在もまだワクチンは開発されていないのが現状。厚生労働省も期待していたようだが、自ら動き出した。

早く

ワクチンが開発され、万が一、うつされても対処できる状況を作ってもらいたい。

厚生労働省が創設に関わり、2017年より拠出を行っているCEPI(感染症流行対策イノベーション連合、本部:ノルウェー)は、1月23日、新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対するワクチン開発を促進し、候補ワクチンを迅速に臨床試験に導くことを目的とし、以下の3者とのパートナーシップ締結を発表いたしました。

情報源:  

 

13.科学・技術・医学カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。