米ネットフリックス 2月からジブリ作品を世界配信  :日本経済新聞

どこでどう契約がうまくいったのかわからないが、ネットフリックスはうまいことやってのけたな。

しかし、一方で、日本のアニメ界は新風が吹き荒れようとしている中、ジブリ依存がどれほど今後もあるか。少なくとも、海外においては今後もファンが多いので、だからネットフリックスはうまくやってのけたのだと思うわけ。

だからこそ、配信範囲が日本をのぞいているのであろう。逆に日本での独占契約は難しかったのであろうな。アメリカも範囲に入っていないのは既に過去の映画を放映していて、日本側の意図で契約的に難しかったのかもしれない。(勝手な妄想です)

逆にhuluは、日本側への公開で動いているかもしれないね。

米ネットフリックス 2月からジブリ作品を世界配信  :日本経済新聞:

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

Https imgix proxy n8s jp DSXMZO5459372020012020TJ1001 PN1 2