箱根駅伝の青山学院大学陸上競技部の原晋監督の肩書

2020年の箱根駅伝は青山学院大学が往路復路で完全優勝。

勝っても負けても青山学院大学と言えば箱根駅伝のスター大学であることには間違いない。

その青山学院大学の駅伝と言えば、陸上競技部の原晋監督が有名である。

で、陸上競技部の監督って肩書きが気になったので、ちょっと調べてみた。

なぜならば「陸上競技部の監督」だと、駅伝以外のあらゆる陸上競技の監督なのか?ということ。

最初に感心したのは、青山学院大学の陸上競技部だけでウェブサイトがあるという、素晴らしさ。

で、いきなり結論が出てきた。原監督は「就任16年目の長距離監督」であるということ。

つまり、「監督」の肩書は正確には「青山学院大学 陸上競技部 原晋 長距離監督」なのである。

原監督の上司?にあたる「陸上競技部部長」なる肩書の方もいらっしゃった。

「記録」のページを拝見すると1,500m以上の競技が並んでおり、青山学院大学は基本的に長距離競技に力を入れていることがわかった。

改めて2020年の箱根駅伝の優勝、おめでとうございます!