macOS Catalina(カタリナ)発進!人柱スタート。

Apple

ついに本日、新しいmacOSであるCatalina(カタリナ)が無償アップグレードで登場。早速使ってみよう!

これより前に、アップデートできるアプリがあったのでそっちを先に。一つ、バーンは削除された。64bitではなかったのかな?

完了!途中何度か後25分とか出ながら、最終的に40分弱で完了。さて、何が起きるかな?

Google File Streamにおいて、Pagesのファイルを作成し、保存。その後、修正して上書き保存しようとすると、「アクセス権が無い」と言われ保存ができなかった。ファイル情報を見ると自分のファイルとなっており、アクセス権もあるように見えた。その後、何度やってもFinder経由ではダメでウェブサイト経由で上書き更新をした。

その後、Catalinaをクリーンインストールし直し、Google File Streamもインストール後に試すと解決していた。なので詳細な原因は不明だが正常になってよかった〜。

Catalinaをクリーンインストール後にカスペルスキー・インターネット・セキュリティをインストールして立ち上げたところ、開始中が異常に長い。最初の起動だから長いのかな?まだ待ってみる。

2019年10月10日、早速新しいアップデートがmacOS側から出ていた。Final Cut ProもMotionも利用しているので、アップデートを実施した。そういえば、Catalinaにした後、Final Cut Proを再インストールし、サードパーティーのエフェクト等を導入したときにオリジナルのエフェクトなどが少ないなあ〜と思ったのだけれど気づかなかった。新しいコーデックへの対応が必要だったのかな。引き続きテストというか本番運用ですけれど。

コメント