10月1日、洋服の青山が『新価格』をきっかけに生まれ変わります。 ~スーツ業界のわかりにくい複雑な価格を一新、わかりやすい新価格へ~ | 青山商事株式会社のプレスリリース

安くて良いスーツの老舗といえば、洋服の青山。おそらく消費税10%の時期を狙ったのだろう。商品の値下げと値段以外にも何かを変えるようだ。詳細は書かれていないが、今までの2着目が0円みたいなのはやめるみたい。その分、1着目から値段を下げるようだ。

ただ、メインのスールはかなり安くなって1着からでもお得感があるが、それ以外はさほどの値下げでは無いため、他にも何かやってくれるんだろうと期待しちゃいます。

青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山理(おさむ))は、商品価格表示の大規模改定を実施し、誰もが“わかりやすく安心できる価格”『新価格』を10月1日(火)より全国の「洋服の青山」で展開します。

コメント