「イルカの日」の作家、死去

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

ロベール・メルル氏(フランスの作家)27日、パリ郊外マルメゾンの自宅で心不全のため死去、95歳。

「イルカの日」と言えば、戦争中のイルカ爆弾を描いた、悲しくも美しいメロディーを持ったオリジナルサウンドトラックとともに大ヒットした作品。
その作品の原作者が亡くなったそうだ。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください