「昨今、65歳以上のドライバーの事故件数が多くなっている。」と、メディアは報道する。
でも皆さん、その言葉の真実は65歳以上の人口が増えているからである。

添付のグラフは、ドライバーの年齢別の10万人当たりに何人が事故を起こしているかを表したものです。

ご覧になればわかりますが、

と言うことです。

では、何故メディアは高齢ドライバーの事故を取り上げるのか?

そもそも、珍しいから報道する。と言うところでしょうか。若者の事故を解決するのは難しいが、高齢者のドライバーの事故を減らすには免許を取り上げることにすれば良い。と言う、短絡的にまとめることができるからだろうか?そこについては、僕にもよくわからない。

10月、11月と高齢ドライバーによる死亡事故が相次いで報道されています。でもデータをきちんと見てみると、実は高齢ドライバーの事故は、20代より少ない可能性があることがわかりました。

情報源: 高齢ドライバーの事故は20代より少ない 意外と知らないデータの真実(市川衛) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください