宮沢喜一元首相が死去

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

宮沢喜一が亡くなっていた。昨日は出張だったのと、帰宅が遅くなったので、ニュースというものを観ていなかった。結構印象深い人だし話題になっているのだろうか?87歳で老衰ということ。人の老衰は意外と幅広いんですね。100歳まで平気で生きちゃう人は老衰はもっと先なのだろうね。

“「55年体制」下の自民党単独政権時代の最後の首相で、保守護憲派として知られた宮沢喜一(みやざわ・きいち)さんが28日午後1時16分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。87歳だった。通夜は30日午後6時から、密葬は7月1日正午から、いずれも東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で行われる。喪主は妻庸子さん。自宅は東京都渋谷区神宮前6の34の1。”

宮沢喜一元首相が死去(朝日新聞) – goo ニュース

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください