2006
01.03

山形県特急脱線転覆事故の原因に竜巻浮上

01.社会

 事故の起きた当時、近辺の民家から竜巻のような現象が発生していたと証言が出てきている。今頃そんな情報が出てきているのは苦し紛れなのか、調査には時間がかかるということなのか。もし竜巻で列車が浮上したとなると、その破壊力は相当なものだと思う。現実に当時、小屋の崩壊や屋根瓦が飛んでしまった民家もあるようだ。

現場付近 竜巻発生か

当時現場上空では真夏並みの積乱雲が発達。事故が起きた時間帯に直線上にある家の住民が「竜巻のようだった」と証言しており、山形県警と国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、竜巻が西から東に線路を横切った際に特急が通過、転覆につながった可能性もあるとみて調べている。