BitTrrent Syncを使った新しいバックアップ体制

Mac mini Serverを家の中の本当のサーバー処理に限定してしまったため、僕の母艦は、旧MacBook、iPadと引き継いだ後、今はMacBook airとなっている。ディスク容量はSSDになり持ち出せる容量が減ってしまったため、持ち出すものをNASから引っ張り出して作業している。そんな中、新しいバックアップ体制を考えてみた。

NewImage

今後の、処理の流れとしてはNASから必要なデータをMacBook airにコピーする。家やら外で作業をする。これをほぼリアルタイムでバックアップする環境が欲しく、Drop Boxやら、Bitcaseやら、エトセトラを検討した結果、BitTrrent Syncというテクノロジを使ってみようと思った。これなら、うちの家からインターネット内外で実績のあるプロトコルだ。

するとさっきの流れはこうなる。

1.NASから必要なデータをMacBook airにコピーする。
2.家やら外で作業をする。
3.BitTrrent SyncがMacBook airのデータをインターネット経由で自宅のMac mini Serverにデータを同期する。
4.iBackupというツールで一日一回、Mac mini ServerからNASに更新内容をRsyncする。

これで、一応、ぐるぐる回って一日後にはNASに最新の情報が入ることになるな。