2005
07.25

アイフルが集団提訴される、取引履歴不開示に対し

25.コラム

Yahoo!ニュース – 読売新聞 – アイフルを集団提訴、取引履歴不開示の慰謝料など求め

消費者金融大手「アイフル」(京都市)から融資を受けた全国の多重債務者ら448人が25日、同社を相手に、取引履歴を不開示とされたことに対する慰謝料の支払いや、利息制限法の上限金利を超えて支払った過払い金の返還など総額約3億4000万円の支払いを求める訴訟を、大阪、埼玉、宮崎など全国28府県の25地裁・支部、67簡裁に起こした。

大手アイフルが総額3億4000万円の支払いを求められた訴訟である。448人が訴訟に加わり全国28府県ということで大きな出来事となった。現時点ではアイフル側はノーコメントだが、訴訟した側とは何度かやり取りが行われていたと思われ、弁護士も強い口調で「アイフルは、債務者の窮状に乗じて暴利をむさぼっており、さらに経営の問題点を追及していきたい」とのことだ。
要求としては3億1737万円が不当な過払い金の返還で、残りが慰謝料となっている。法律の制限を超えて利息を払わされたと訴えており、もし本当なら大変なことだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。