Adobe Photoshop Ver.25の新機能「ジェネレーティブ塗りつぶし」による画像生成の可能性

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Adobe Photoshopは、デザイナーや写真愛好家にとって不可欠なツールです。最新バージョンであるVer.25では、AIを活用した画像生成機能が追加されました。この機能は「ジェネレーティブ塗りつぶし」と呼ばれ、AdobeのAI「Adobe Firefly」を使用してオブジェクトの生成や削除が可能となります。ジェネレーティブ塗りつぶしの利点や機能について詳しく見ていきましょう。

1. ジェネレーティブ塗りつぶしの概要

ジェネレーティブ塗りつぶしは、Adobe Photoshop Ver.25から利用できる新機能です。この機能はAIを活用して、画像内のオブジェクトを生成したり削除したりすることができます。ジェネレーティブ塗りつぶしは、主に以下のような機能を持っています。

  • オブジェクトの生成: 画像内に自然なオブジェクトを生成することができます。例えば、森の中に木を追加したり、海辺に貝殻を配置したりすることが可能です。
  • 背景の生成: 既存の背景を簡単に変更することができます。例えば、建物の背景を山に変えたり、雲を空に追加したりすることができます。
  • 範囲選択の補完: 範囲選択が雑であっても、AIが不要な箇所を認識し、不要な物体を消去し、その箇所にあると思われるオブジェクトを生成して補完してくれます。
  • テキストプロンプトによるAI生成: テキストプロンプトを入力することで、AIが文章から画像を生成します。これにより、テキストからイメージを瞬時に作成することが可能です。

ジェネレーティブ塗りつぶしは、高速な画像生成スピードとPhotoshopとの相性の良さが特徴です。

2. ジェネレーティブ塗りつぶしの利点

ジェネレーティブ塗りつぶしは、デザイナーや写真愛好家にとって非常に便利な機能です。以下に、この機能の利点をいくつか挙げます。

2.1 創造性の向上

ジェネレーティブ塗りつぶしは、想像力を広げるための優れたツールです。自然なオブジェクトや背景を簡単に追加することで、作品のクオリティを向上させることができます。また、テキストプロンプトによるAI生成は、アイデアをイメージ化するための効果的な手段となります。

2.2 時間と労力の節約

従来の手法では手間がかかる作業も、ジェネレーティブ塗りつぶしを使用することで容易になります。例えば、複雑なオブジェクトの追加や背景の変更は、短時間で行うことができます。また、範囲選択の補完によって修正作業も効率的に行えます。

2.3 クリエイティブなアイデアの実現

ジェネレーティブ塗りつぶしは、アイデアを具現化するための優れたツールです。例えば、広告やポスター制作時に特定のメッセージを伝えるための画像を簡単に作成することができます。さらに、AI生成によって多様なアート作品やイラストも簡単に作成できます。

3. ジェネレーティブ塗りつぶしの具体的な使い方

ジェネレーティブ塗りつぶしは直感的なインターフェースを持ち、使いやすく設計されています。以下に具体的な使い方を紹介します。

3.1 オブジェクトの生成

  1. Photoshopを開き、対象の画像を読み込みます。
  2. 左側のツールバーから「ジェネレーティブ塗りつぶし」ツールを選択します。
  3. 画像上で追加したい場所をクリックします。
  4. ポップアップウィンドウが表示されるので、「オブジェクトを追加」を選択します。
  5. 追加したいオブジェクトのカテゴリやスタイルを選択します。
  6. プレビューが表示されるので、適切なオブジェクトが選択されていることを確認します。
  7. 「OK」ボタンをクリックしてオブジェクトを追加します。

3.2 背景の生成

  1. Photoshopを開き、対象の画像を読み込みます。
  2. 左側のツールバーから「ジェネレーティブ塗りつぶし」ツールを選択します。
  3. 画像上で背景を変更したい場所をクリックします。
  4. ポップアップウィンドウが表示されるので、「背景を変更」を選択します。
  5. 新しい背景のスタイルやテーマを選択します。
  6. プレビューが表示されるので、適切な背景が選択されていることを確認します。
  7. 「OK」ボタンをクリックして背景を変更します。

3.3 範囲選択の補完

  1. Photoshopを開き、対象の画像を読み込みます。
  2. 範囲選択ツール(Lasso Tool)やマジックワンドツール(Magic Wand Tool)などを使用して不要物体の範囲を選択します。
  3. 左側のツールバーから「ジェネレーティブ塗りつぶし」ツールを選択します。
  4. 「範囲選択補完」オプションを有効にします。
  5. AIが不要な箇所を認識し、不要物体を消去して補完します。
  6. 必要に応じて修正や微調整を行います。

3.4 テキストプロンプトによるAI生成

  1. Photoshopを開き、新規ドキュメントを作成します。
  2. 左側のツールバーから「ジェネレーティブ塗りつぶし」ツールを選択します。
  3. ポップアップウィンドウが表示されるので、「AI生成」タブに移動します。
  4. 文章やキーワードなどのテキストプロンプトを入力します。
  5. AIがテキストから画像を生成し、プレビューが表示されます。
  6. 適切なスタイルや詳細設定を選択し、「OK」ボタンをクリックして画像を作成します。

4. ジェネレーティブ塗りつぶしの将来性

ジェネレーティブ塗りつぶしは現在ベータ版として提供されていますが、将来的には商用利用も可能となる予定です。この機能は既存のPhotoshopユーザーだけでなく、幅広いデザイン業界や写真業界において革新的な影響を与えることが期待されています。AI技術の進歩と共に、さらなる高度な機能や精度向上も期待されます。

もはやFireflyは要らないかも

Adobe Photoshop Ver.25から追加された「ジェネレーティブ塗りつぶし」は、AI技術による画像生成機能です。自然なオブジェクトや背景の追加、範囲選択の補完、テキストプロンプトによるAI生成など、多様な機能があります。ジェネレーティブ塗りつぶしは創造性の向上や時間節約など多くの利点があり、デザイナーや写真愛好家にとって強力なツールとなっています。将来的には商用利用も可能となる予定であり、デザイン業界や写真業界においてさらなる進化が期待されます。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です