The hottest news from everywhere for everyone!

魅力的なタイトル: 『クリミナル・マインド』伝説の捜査ドラマが18年ぶりに復活!シーズン18製作決定

  1. 伝説のドラマ『クリミナル・マインド』の復活

1.1 15シーズンの人気ぶり

2005年9月22日にCBSで放送が開始された『クリミナル・マインド FBI行動分析課』は、FBIの精神分析官チームが凶悪犯罪を解決していく様子を描いた犯罪捜査ドラマです。創設者のジェフ・デイヴィスによる緻密な犯罪心理分析と、キャストの卓越した演技が高く評価され、15シーズンにわたる長きにわたって多くのファンから支持を集めてきました。

シーズン視聴者数(百万人)
19.8
212.6
313.5
414.1
513.2
612.6
713.1
811.8
910.6
1010.5
1110.9
1211.2
1310.5
148.1
156.1

ドラマは第1シーズンから第7シーズンまでを数えるうちに、視聴者数は徐々に増加し、ついにはCBSの人気ドラマの1つとなりました。第8シーズン以降は視聴率が若干低下したものの、最終シーズンの第15シーズンまで一定の支持を維持し続けました。全米視聴者数は平均600万人を超え、海外でも高い人気を博しました。

15年の長きにわたり支持され続けた理由は、精神分析の手法を用いた斬新な犯罪捜査の描写にあります。分析官たちが犯人の心理に迫り、動機や手口を紐解いていく過程が緻密に描かれ、視聴者を犯罪の深淵に誘います。さらに個性的なキャラクターの掘り下げと、キャストの息の合った演技も高く評価されました。

1.2 リバイバル版の製作決定

2020年2月に15シーズンが終了した『クリミナル・マインド』でしたが、制作陣とキャストの思いは尽きていませんでした。ショーランナーのエリカ・メサーは「クリエイティブ的には終わりたくなかった。まだたくさんのストーリーが残されていた」と語っています。

そんな中、2022年11月にParamount+がリバイバル版の製作を発表しました。新シリーズは『クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪:エボリューション』と題され、シーズン16に当たる10話を放送。さらに2024年1月12日、シーズン17、通算でシーズン18への更新が決定したのです。

  1. シーズン18の展開

2.1 キャストの続投

シーズン18で期待されるのは、人気キャラクターの続投です。デイヴィッド・ロッシ役のジョー・マンテーニャ、ジェニファー・ジャロー役のA.J.クック、ペネロペ・ガルシア役のカーステン・ヴァングスネス、タラ・ルイス役のアイシャ・タイラー、ルーク・アルヴェズ役のアダム・ロドリゲス、エミリー・プレンティス役のペイジェット・ブリュースターといった主要キャストが全員復帰する予定です。

一方で、マシュー・グレイ・ガブラーとダニエル・ヘニーの出演は未定です。ガブラーは「スペンサー・リード役を卒業する時が来た」と語っており、ヘニーは他の作品の撮影と日程が重なるためです。しかし製作陣は「彼らの出演に期待している」と前向きなスタンスを示しています。

2.2 アーロン・ホッチナーはどうなっている?

ファンから最も気になるのは、トーマス・ギブソン演じるアーロン・ホッチナーの行方でしょう。ホッチナーは第12シーズンで降板しましたが、その理由は不明確でした。一部報道では、ギブソンがスタッフと口論になり解雇されたと伝えられています。

ホッチナーがいないBAUチームが描かれるのか、それとも新シーズンで彼が復帰するのか。製作陣はこの点について明言を避けており、ファンの間で様々な憶測が飛び交っています。ホッチナーは長年にわたってBAUを率いてきた中心的な存在です。彼の行方次第で、ドラマの方向性が大きく変わる可能性があります。

2.3 新キャストの加入

新シーズンでは新キャストの加入も予定されています。

  • フェリシティ・ハフマン:ジェイソン・ギドンの元妻で生物学者の精神医学者、ジル・ギドン役
  • クラーク・グレッグ:新FBIディレクター、レイ・マディソン役
  • ブライアン・J・ホワイト:エライアス・ヴォイトの弁護士、ヴィンセント・オーロフ役
  • タック・ワトキンス:児童保護活動家の役

ジル・ギドンは、かつてBAUを率いていたジェイソン・ギドン(マンディ・パティンキン)の妻役を務めます。ギドンの過去が明かされる可能性があります。

2.4 新たな犯罪事件への挑戦

シーズン18の核心は「ゴールド・スター」事件の捜査です。前シーズンの終盤で登場した「ゴールド・スター」は、連邦政府を脅かす重大な陰謀の存在を示唆しました。

シーズン18では、この「ゴールド・スター」の正体と、連邦政府を脅かす陰謀の全貌が明らかになる見込みです。さらに、ヴォイトが連邦政府の管理下に移されることで、BAUチームは未曾有の危機に見舞われることになります。

ヴォイトは前シーズンの主要な犯人でしたが、シーズン18でもハンニバル・レクターのような存在として重要な役割を果たすとメサー製作総指揮は示唆しています。

ヴォイトの写真
エライアス・ヴォイト役のザック・ギルフォード

  1. ファン待望の名作復活

3.1 長年の人気作品

『クリミナル・マインド』は、15年にわたる長きにわたって多くのファンから支持された名作犯罪ドラマです。斬新な犯罪捜査の描写と、キャラクターの掘り下げが高く評価されてきました。最終シーズンが終了した後も、ファンからの人気は衰えることがありませんでした。

3.2 ミステリー好きの歓喜

リバイバル版の製作決定に、ミステリー・ファンからは歓喜の声が上がっています。SNSでは「待ちに待った復活だ!」「楽しみでしょうがない」といった喜びのコメントが相次いでいます。

ファンの歓喜のコメント

“待ちに待った復活!15年ぶりの新シーズンが楽しみすぎる!!”

“BAUチームの活躍にまた会えるなんて夢みたい。ミステリー好きは歓喜しているに違いない!”

“キャストの続投に安心した。ホッチナーの行方が気になるけど、製作陣の手腕を信じよう”

長年の人気作品の復活は、ファンにとって夢のような出来事です。ミステリー好きにとっては、待ちに待った大喜びの知らせと言えるでしょう。

3.3 新たな展開への期待

一方で、新シーズンに対する期待の声も上がっています。

  • 新キャストの演技が気になる
  • 「ゴールド・スター」事件の核心に迫れるか
  • ヴォイトの新たな脅威にどう立ち向かうのか
  • マシュー・グレイ・ガブラーの復帰の可能性

15年の歴史を持つ作品ですが、まだ見どころは残されています。ファンの間では新シーズンに対する期待と共に、さまざまな予想や願望が飛び交っています。

BAUチームの写真
シーズン18に復帰が期待されるBAUチームメンバー

伝説の名作の復活に、ミステリー好きならずとも胸が高鳴ることでしょう。18年ぶりの新シーズンが、どのような驚きと興奮を視聴者にもたらすのか、ファンの期待は高まる一方です。

Share this article