The hottest news from everywhere for everyone!

クリームパンの魅力を探る!全国の名品を食べ比べランキング

クリームパンは日本で長年愛されてきた定番のパンの一つです。ふわふわのパン生地の中にたっぷりのカスタードクリームが詰まった、甘くて優しい味わいが魅力です。今回は、全国のクリームパンを食べ比べ、その魅力に迫ります。

ランキング結果発表!全国のクリームパンを食べ尽くす

MBSサタデープラス(サタプラ)の企画で、パン・オブ・ザ・イヤー金賞のプロが全国のクリームパンを食べ比べ、ランキングを発表しました。その結果は以下の通りです。

  1. ボンジュール(東京)のクリームパン
  2. Pasco(大阪)のクリームパン
  3. ヤマザキ(東京)のクリームパン
  4. フジパン(名古屋)のクリームパン
  5. アンデルセン(横浜)のクリームパン

1位:ボンジュール(東京)のクリームパン

ボンジュールのクリームパンは、「日本のクリームパンのお手本」と絶賛されました。パン生地はしっとりふわふわで、カスタードクリームは濃厚でコクがあります。バランスが絶妙で、クリームパンの理想形とも言えるでしょう。

2位:Pasco(大阪)のクリームパン

Pascoのクリームパンは、パン生地が柔らかく、クリームとの相性が抜群です。クリームは甘すぎず、上品な味わいが特徴です。

3位:ヤマザキ(東京)のクリームパン

ヤマザキのクリームパンは、昔ながらの懐かしい味わいが魅力です。パン生地はふんわりとしていて、クリームは甘めですが、食べやすい味に仕上がっています。

クリームパンの魅力とは?

en.japantravel.com

クリームパンの魅力は、何と言ってもそのふわふわのパン生地と、たっぷり詰まったカスタードクリームの組み合わせにあります。一口かじると、パン生地とクリームが口の中で混ざり合い、幸せな気分になれます。

また、クリームパンは子供から大人まで幅広い世代に愛されているのも特徴です。優しい甘さと食べやすさが、多くの人を虜にしているのでしょう。

クリームパンの歴史

クリームパンの起源は諸説ありますが、一説によると1900年代初頭に日本で生まれたと言われています。当時、西洋菓子の影響を受けて、パン生地にカスタードクリームを詰めたのが始まりだそうです。

その後、第二次世界大戦後の1950年代から60年代にかけて、クリームパンは全国的に広まっていきました。現在では、全国のパン屋さんやコンビニエンスストアで手軽に買うことができる、国民的なパンの一つとなっています。

まとめ

クリームパンは、日本人に長年愛され続けている定番のパンです。その魅力は、ふわふわのパン生地とたっぷりのカスタードクリームの絶妙なバランスにあります。

今回紹介したランキングでは、全国のクリームパンの中から選りすぐりの名品が選ばれました。ぜひ一度は食べてみたいですね。

皆さんも、お気に入りのクリームパンを見つけて、その魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

参考URL

Share this article