The hottest news from everywhere for everyone!

分散型SNS「Bluesky」が招待制を終了、24万人の新規アカウント作成

分散型SNS「Bluesky」が招待制を終了、24万人の新規アカウント作成

米Blueskyのジェイ・グラバーCEOは2月6日(現地時間)、分散型SNS「Bluesky」の招待制を終了し、誰でもアカウントを作れるようにしたと明らかにした。同日には24万人の新規アカウントが作成されたという。

また、日本時間の7日午後6時ごろにはネットワークに約2時間障害が出ていたことも発表された。

Blueskyは、Twitterの共同創業者であるジャック・ドーシー氏が2019年に設立した分散型SNSだ。招待制で運用されてきたが、今回ついに一般公開された。

Blueskyは、従来のSNSとは異なり、ユーザーが自分のデータを管理することができる。また、アルゴリズムによるコンテンツの操作が行われないため、より自由な言論が可能になるとしている。

Blueskyの一般公開は、SNS業界に大きな影響を与える可能性がある。従来のSNSは、ユーザーのデータを収集して広告収入を得ているが、Blueskyはユーザーのデータを収集しないため、広告収入を得ることができない。

そのため、Blueskyは従来のSNSとは異なるビジネスモデルを模索する必要がある。

Blueskyの一般公開は、SNS業界の新たな潮流となる可能性がある。

  • 2月6日(現地時間)にBlueskyの招待制が終了
  • 同日には24万人の新規アカウントが作成
  • 日本時間の7日午後6時ごろにはネットワークに約2時間障害
  • Blueskyは2019年にジャック・ドーシー氏が設立
  • Blueskyは従来のSNSとは異なり、ユーザーが自分のデータを管理することができる
  • Blueskyはアルゴリズムによるコンテンツの操作が行われないため、より自由な言論が可能

プロフェッショナルな目線

Blueskyの一般公開は、SNS業界に大きな影響を与える可能性がある。従来のSNSは、ユーザーのデータを収集して広告収入を得ているが、Blueskyはユーザーのデータを収集しないため、広告収入を得ることができない。

そのため、Blueskyは従来のSNSとは異なるビジネスモデルを模索する必要がある。

Blueskyの一般公開は、SNS業界の新たな潮流となる可能性がある。

Blueskyは、従来のSNSとは異なり、ユーザーが自分のデータを管理することができる。また、アルゴリズムによるコンテンツの操作が行われないため、より自由な言論が可能になるとしている。

Blueskyの一般公開は、SNS業界に大きな影響を与える可能性がある。従来のSNSは、ユーザーのデータを収集して広告収入を得ているが、Blueskyはユーザーのデータを収集しないため、広告収入を得ることができない。

そのため、Blueskyは従来のSNSとは異なるビジネスモデルを模索する必要がある。

Blueskyの一般公開は、SNS業界の新たな潮流となる可能性がある。

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です