The hottest news from everywhere for everyone!

全銀ネットのシステム障害とCOBOLの課題

概要

2023年10月10日に発生した全銀ネットのシステム障害は、COBOLプログラムの不具合が原因であったことが判明しました[^1][^3]。この障害は異例の大規模障害であり、全銀ネットは今後のシステム改善に取り組む方針です。本記事では、全銀ネットのシステム障害の影響とCOBOLの課題について詳しく解説します。

1. 全銀ネットのシステム障害の経緯と影響

全銀ネットによると、2023年10月10日に発生したシステム障害の原因はCOBOLプログラムの不具合であることが判明しました[^1][^3]。COBOLは長年にわたって全銀ネットのシステムで利用されているプログラミング言語ですが、このような大規模な障害が発生するのは非常に異例なことでした。

障害が発生した翌日の10月11日未明に一部の機能が回復しましたが、完全復旧には至りませんでした。影響を受けた銀行では、引き続き振込み業務に遅延が発生する可能性がありました[^1]。しかし、10月12日午前2時すぎに全面復旧が確認され、通常業務が再開されました。この障害により、約500万件の取引に影響が出たと推定されています[^1]。

2. 全銀ネットのシステム改善への取り組み

全銀ネットは今回の障害を重く見ており、システムの改善に向けた対策を進める方針です。特にCOBOLの老朽化への対応が課題となっています[^3][^6]。

COBOLは1960年代から主に金融機関で利用されてきた言語であり、当時の技術や要件に合わせて開発されました。しかし、時代の変化や新たなセキュリティ上の脅威への対応など、現代のニーズに対応するためには改修や置き換えが必要となっています。

全銀ネットではCOBOLの改修や刷新に取り組む一方で、新たな技術やプログラミング言語への移行も検討しています。これにより、将来的なシステム障害を最小限に抑えることを目指しています[^3][^6]。

3. COBOLとは何か?

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、ビジネスアプリケーションを開発するために設計されたプログラミング言語です。1960年代に開発され、金融機関を中心に広く利用されてきました。

COBOLはビジネスルールを効率的に表現することができる特徴を持ち、大量のデータ処理やバッチ処理に適しています。そのため、銀行や保険会社などで長い間利用されてきました。

しかし、COBOLは古い言語であり、現代の要件やセキュリティ上の脅威に対応するためには改修や置き換えが必要です。また、COBOLの専門知識を持つエンジニアも減少しており、人材確保も課題となっています。

4. COBOLの課題と対策

COBOLの課題は主に以下の点であり、これらに対する対策が求められています。

4.1 老朽化

COBOLは古い言語であり、長期間運用されたシステムでは老朽化が進んでいます。このようなシステムでは保守性や拡張性に問題が生じる可能性があります。

対策としては、COBOLプログラムの改修やリファクタリングを行うことが考えられます。また、最新の技術やプラクティスを導入することで、システムの効率化や安定性向上を図ることも重要です。

4.2 セキュリティ上の脆弱性

COBOLは古い言語であるため、現代のセキュリティ上の脅威に対して十分な対策が取れていない場合があります。特に、外部からの攻撃やデータ漏洩へのリスクが懸念されます。

対策としては、セキュリティ対策技術やプラクティスを導入することが重要です。また、COBOLプログラム自体の改修やセキュリティアップデートを行うことも考慮されます。

4.3 人材確保

COBOLを扱うエンジニアは減少しており、人材確保が課題となっています。特に若い世代のエンジニアはCOBOLを学ぶ機会が少なく、専門知識を持つエンジニアの需要が高まっています。

対策としては、若手エンジニアへの教育・研修プログラムの充実や、COBOL以外のプログラミング言語への移行を検討することが考えられます。また、既存エンジニアへのキャリアパスや報酬体系の整備も重要です。

5. 今後の見通し

全銀ネットは今回の障害を教訓にし、システム改善に向けた取り組みを進める予定です。特にCOBOLの改修や刷新に注力しながら、新たな技術やプログラミング言語への移行も検討されます。

また、金融業界全体でもCOBOLを含むレガシーシステムへの対応が求められています。セキュリティや拡張性など現代の要件に合わせたシステムへの移行が進められることで、将来的なシステム障害を最小限に抑えることが期待されます。

以上が全銀ネットのシステム障害とCOBOLの課題について詳しく解説した内容です。今後金融業界ではより安定したシステム運用を目指すために、技術革新や人材育成が重要視されるでしょう。

Citations:
[1] https://note.com/akikito/n/n7bccf6653ff9
[2] https://youtube.com/watch?v=tIHBC3NAIpw
[3] https://plaza.rakuten.co.jp/ezorisuhokkaido/diary/202310110001/
[4] https://twitter.com/razoralign/status/1712455856607080562
[5] https://b.hatena.ne.jp/q/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E9%9A%9C%E5%AE%B3%7C%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E9%9A%9C%E5%AE%B3%20%E6%8A%80%E8%A1%93?date_range=all&page=5&safe=on&sort=popular&target=all&users=100
[6] https://gist.github.com/euske/4d0dd00fe1e3b729227c52d6f9f5ba44

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です